1. イレブントップ
  2. コラム
  3. 野球のルール
  4. 「ハーフスイングしたボールをキャッチャーが3塁へ牽制送球。その後、球審にハーフスイングのリクエストを求めたが認められるか?」野球ドリル問36(10月5日)

「ハーフスイングしたボールをキャッチャーが3塁へ牽制送球。その後、球審にハーフスイングのリクエストを求めたが認められるか?」野球ドリル問36(10月5日)

「ハーフスイングしたボールをキャッチャーが3塁へ牽制送球。その後、球審にハーフスイングのリクエストを求めたが認められるか?」野球ドリル問36(10月5日)
10月5日(水)の野球ドリル

ランナーが2塁におり、2ボール2ストライクのケースです。
5球目を投じたボールを打者がハーフスイング。
ところが同時に2塁ランナーが3塁へ進む気配があったので、キャッチャーが3塁へ送球しました。
送球したところで、2塁ランナーすぐに2塁へ帰塁しました。
その後、打者のハーフスイングがストライクではないかと、キャッチャーは先ほどの投球に対して球審にハーフスイングのリクエストを求めました。

この時のキャッチャーのハーフスイングへのリクエストは認められるでしょうか?

答え

アピール権の消滅というものがあります。

野球規則7,10

本条規定のアピールは、投手が打者への次の一球を投じるまで、または、たとえ投球しなくてもその前にプレイを企てるまでに行わなければならない。

とあります。

「ハーフスイングのリクエスト」と、「ランナーの盗塁」が別のプレイでアピール権の消滅ではないかという抗議がありましたが、バッターのハーフスイングとランナーの盗塁は同じ投手が投じた一球のなかでのプレーであるので、
投手が打者に対して次の一球を投じるまでのワンプレーとみなして、3塁へのキャッチャーからの送球後に再度、ホームにて打者のハーフスイングのリクエストに対して球審は答えなければならないと、なります。

「アピールプレイ」と「アピール権の消滅」いずれも知らないと、予期しない失点や、知らないとできない得点の仕方もありますので覚えておくとお得です。
この記事について問い合わせをする
このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね!をすると最新野球情報や新商品のお知らせを受け取れます!
札幌市白石区の野球用品店「イレブン」。札幌市内で唯一のクボタスラッガー・ハタケヤマの専門店でもあり、大型店や他店ではなかなか見かけない商品も多数お取り扱いしております。
※当サイトではおすすめ商品・情報のみを掲載しております