1. トップ
  2. 野球コラム
  3. 野球雑学
  4. 「将来グラブ職人を目指す方なら知っていてほしいこと」かも知れません

「将来グラブ職人を目指す方なら知っていてほしいこと」かも知れません

このエントリーをはてなブックマークに追加
グラブの皮革というか、牛が相変わらず安くならない現状だと
野球界において考えられるのが、グラブの値上げ、
そして買う側にとって値上げも限界があるだろうということです。
高騰しているからと言って野球のグラブが10万円も20万円もしたらみなさん
新製品を気軽に購入されますか?
そのときのお財布具合になりますが簡単には高いものを選択されないと思います。


そして、もし高価になりすぎてしまうと仕入れる側の小売店もグラブを仕入れにくくなりグラブの流通が滞る、
まあネットがありますからユーザーがグラブ購入することはできます、
しかし多くの小売り屋がグラブを仕入れないので、近場で気軽に現物をみて購入するということはできなくなるでしょう。



ただ、おそらくそうなる前に各メーカーとも牛の皮革に替わるもの「代替品として人工皮革」の生産に入るのではないかと考えてます。

20年もまえからバッテインググラブはすでに人工皮革のものを生産してますし、グラブにおいてもウイルソンが「スーパースキン」という人工皮革をグラブの背面に搭載するなどすでに牛の皮革に替わるものは考案されているというのが現状です。


さて、今回なぜこんなテーマを思いついたかと言いますと
「どうしたらグラブ職人になれますか?」とたまに聞かれます。
どうしたらなれるかは、野球メーカーの求人募集を調べていただくしかない
ので、なんともアドバイスしようがないのですが、なるにあたって準備くらいはできるだろうと思い、いかのようなコメントとなります。


近い将来、実際に「人工皮革のグラブ」を本格生産する時代になったとき、
天然の牛皮革で作った最高級のグラブの肌触りやハリ、コシ、強度
縫製や剛性などの革の質感、クセを知らないとどうなるでしょう?

誰かの基準で皮革を作らなければなりませんが、その人の感覚があてにならなければ「自分自身で人工皮革を選定しグラブを作るとき」にグラブにとってどんな質の人工皮革がふさわしいかがわからないことになります。

だから、事前に天然皮革を知っておく必要があります。
特にグラブのような天然のもののちがいは「実際に見て触れて、感じてないとわからない」
若いうちに「いいグラブ」に出会って実際に持って、使っておけば、
将来いい革の良し悪しがしっかりと区別できると思いますし、大きな財産になると思います。


 私個人として先日引退されたイチロー選手とはちょっとだけご縁がありました。イチロー選手本人に直接お会いしたことはないのですが、以前勤めていた会社にて、2002年当時、メイジャーリーグに挑戦され活躍中のイチロー選手や松井秀喜選手へグラブやバットを日本からアメリカへ発送させていただいておりました。

 ちなみにグラブは兵庫県の波賀工場から東京へ送られてきたもの。
イチロー選手が使用していたグラブは、黄綬褒章を受章され日本を代表するグラブ職人となられていた坪田信義名人が作成したもの、
バットは岐阜県の養老工場より送られてきまして、こちらも同じく日本を代表するバット職人久保田五十一名人が作成したもの

ミズノが世界に誇る一流の職人さんが手掛けたものであったわけですが、そのこだわりが他の選手とはまた違うものだったように記憶しております。


(今回はグラブについてのみ)
イチロー選手が当時、実際に使用していたグラブは一般に市販されているグラブの革の厚さが1だとすると、2/3くらいの厚さのものを使用、外野手のグラブでも特に大きいものを使用していました。

大きさの割にものすごい軽いのが特徴、しかも柔らかくて開閉がしやすいのですが用具感覚ではなく手を大きくしたような「手の延長」のイメージ

・柔らかすぎて捕球ポイントがずれるとボールにグラブが負けてしまう
・薄くて耐久性に問題がある
・完成したグラブを職人が馴らすので手間暇がとてもかかる

人件費コスト度返し、使用する皮革がミズノグラブ工場で最上の部分のみをしようしたグラブ、一般ユーザーがまず手にすることはない完全オリジナルグラブでした。 イチロー選手仕様のグラブは3000本安打達成時にミズノから限定で市販され、そちらのグラブをお持ちの方であればわかると思います。

私はイチロー選手の実物のグラブを知っていてよかったと思いました。
当時のグラブ名人坪田信義さんがイチロー選手に向けて作ったグラブがどんなグラブかなんて、
まして新品のグラブがどんなグラブなのかなんて何人の人も知らないことですから


職人を目指すなら「名品に触れて置くこと」
これなら今の内からできることだと思います。いかがでしょうか?

この記事について問い合わせをする
このエントリーをはてなブックマークに追加
ベースボールショップ イレブン
札幌市白石区の野球用品店「イレブン」。札幌市内で唯一のクボタスラッガー・ハタケヤマの専門店でもあり、大型店や他店ではなかなか見かけない野球用品も多数お取り扱いしております。
※当サイトではイレブンがおすすめする野球用品・野球情報を掲載しております。サイトに掲載していない用品も多数ありますのでお問い合わせください。
グラブ(グローブ) 硬式用グラブ(グローブ) 軟式用グラブ(グローブ)
ピッチャー セカンド・ショート サード 外野手 キャッチャー ファースト
グラブ(グローブ)のお手入れ プロテクター グラブ(グローブ)の修理 オーダーグラブ(グローブ) グラブ(グローブ)の型付け
久保田スラッガー ミズノプロ ゼット ハタケヤマ アンダーアーマー アイピーセレクト ミズノ ドナイヤ ウイルソン SSK アシックス ローリングス
バット 硬式用バット 軟式用バット
金属バット 木製バット カーボン製バット 混合バット
バッティンググローブ グリップテープ・グリップ関連グッズ トレーニングバット バット関連情報
ウイルソン ミズノ アシックス SSK ミズノプロ ディマリニ ヤナセ ゼット ルイスビルスラッガー アイピーセレクト ウィップストリップ ローリングス
野球トレーニング 筋トレ サプリ 食事
野球ウェア
野球スパイク
野球用バッグ
野球コラム 野球のルール 仕事 その他スポーツ バットについて 野球関連 お役立ち用品 野球チーム 野球のプレイについて メーカー ドラフト会議 野球選手 高校野球 野球雑学
野球の本 食事の本 マラソンの本 仕事の本
野球用品の修理・メンテナンス
野球用品の加工・マーク・オーダー 野球ユニフォームの背ネーム・背番号加工
野球ボール
キャンペーン プレゼント メーカーのキャンペーン
ニュース
イレブン杯 イレブン杯(野球) イレブン杯(サッカー)
ショップ 飲食店 マッサージ・整体
メーカー ミズノ ミズノプロ 久保田スラッガー アンダーアーマー ドナイヤ デサント ゼット ウイルソン ヤナセ ディマリニ ニシスポーツ アイピーセレクト ハタケヤマ ニッスイ SSK アシックス WHITE BEAR(ホワイトベア) ルイスビルスラッガー 内田販売システム ナガセケンコー ウィップストリップ ローリングス