1. イレブントップ
  2. 野球
  3. バット
  4. 金属バット
  5. 「スカイビート31K」【SSK】硬式金属バット。甲子園での人気は健在

「スカイビート31K」【SSK】硬式金属バット。甲子園での人気は健在

【SSK】硬式金属バット「スカイビート31K」1 【SSK】硬式金属バット「スカイビート31K」2
【SSK】硬式金属バット「スカイビート31K」3

SSK 硬式金属バット SKYBEAT31K(スカイビート31K)

メーカー
SSK
品番
:SBK3115
重さ
:900g以上
長さ
:82cm・83cm・84cm・85cm
:ブラック・シルバー
24,000円(税別)
雨天中止もなく順調に大会日程も進んでいます夏の高校野球大会。

春のセンバツ大会同様、SSKのバットを使用している高校が多い印象があります。
ミズノ社が満を持して発表したNEWモデル【ミズノ】硬式野球用金属バット「J-KONG」、ロングセラー【ミズノ】硬式野球用金属バット「V-KONG02」もちらほら見かけますが、今大会もスカイビート31Kの人気は健在のようです。

ミズノ硬式野球用金属バットV-KONG02【ミズノ】硬式野球用金属バット「V-KONG02」

【人気の秘密】
使用する選手を限定しない振りやすさと飛距離を生み出す「バット表面の縦研磨加工」。
独特のヘッド形状(金属先端部を内側に曲げヘッドキャップをかませる)がインパクト時のロスを防ぎ、打球の手ごたえどおりの飛距離を実現できているあたりが選手に特に好まれているのでしょうか。

【ここがポイント】
スカイビートシリーズ人気の秘密はヘッド部独特の形状にあり。
カーリング形状(ヘッドの部分を曲げる)によりインパクト時におこる金属バット。
①たわみが程よく発生
②振り抜きやすいバットバランス
を実現しました。

SSKでは2016年にSSKの現行バットとしては2015年モデルのものより反発係数を2.2%高めた新商品「PROEDGE CONDOR」を発売しましたが、テレビで高校野球を見ている限り使用選手はスカイビート31Kの方が多い印象。
(実際のところはどうかわかりませんが)

ここのところの売れ筋バットは「飛距離」よりも「振りやすさ」や「打球感」が優先されているのかもしれません。
この記事について問い合わせをする
このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね!をすると最新野球情報や新商品のお知らせを受け取れます!
札幌市白石区の野球用品店「イレブン」。札幌市内で唯一のクボタスラッガー・ハタケヤマの専門店でもあり、大型店や他店ではなかなか見かけない商品も多数お取り扱いしております。
※当サイトではおすすめ商品・情報のみを掲載しております