1. イレブントップ
  2. コラム
  3. 野球のルール
  4. 「来年のセンバツ大会で新たに導入されるルールを発表されました。新しいルールとは何でしょうか?」野球ドリル問25(9月24日)

「来年のセンバツ大会で新たに導入されるルールを発表されました。新しいルールとは何でしょうか?」野球ドリル問25(9月24日)

「来年のセンバツ大会で新たに導入されるルールを発表され。新しいルールとは何でしょうか?」野球ドリル問25(9月24日)
9月24日(日)の野球ドリル

10月1日より始まります、来年のセンバツ大会への推薦校を決める、
第70回秋季北海道高等学校野球大会ですが先日、来年のセンバツ大会で新たに導入されるルールを発表されました。

さて新しいルールとは何でしょうか?

①故意四球の申告(敬遠をするとき、事前に申し出れば投手が4球ボールを投げなくてもよい

②捕手に臨時代走を送るルール(防具をつけるのに時間がかかる捕手が
2アウトの時に塁上にいる場合、打順の一番遠い選手が捕手の代わりに代走に出られる)

③タイブレーク制の導入(延長戦となった場合、試合時間の短縮のために大会規定のイニングより、ノーアウト1・2塁の状況でプレーを開始するルール)

④投手の投球制限(投手の投球できるイニング数を制限し、2日で1試合分のイニングしか投球できないルール、連戦で1日目に9イニング以上投球した投手は翌日の登板ができない)

⑤コリジョンルールの適用(捕手は三塁ランナーのホーム進入時、ホームべースの一角を空け、走者の走路を妨げてはならない(ブロックしてはいけない))

さて、どのルールが適用されるでしょうか?
※答えは1つですよ

答え

①故意四球の申告
敬遠をするとき、事前に申し出れば投手が4球ボールを投げなくてもよい
→試合時間短縮のため今期よりメイジャーリーグで導入されたルール、ソフトボールの国際大会でもすでに導入されておりますですが、高校野球では導入未定です。

②捕手に臨時代走を送るルール
防具をつけるのに時間がかかる捕手が2アウトの時に塁上にいる場合、打順の一番遠い選手が捕手の代わりに代走に出られる
→試合時間短縮のため、テンポラリーランナーという名称でソフトボールでは導入されているルールです。
以前は捕手の前の打者というルールでしたが、ルール改正により打順の一番遠い打者と変更されました。
高校野球では導入未定です。

正解は③タイブレーク制の導入
延長戦となった場合、試合時間の短縮のために大会規定のイニングより、ノーアウト1・2塁の状況でプレーを開始するルール
→来年のセンバツ大会より導入が決定されました。
今年の春の全道大会でも試験的に実施されましたが延長12回を終えて勝敗が決しなかった場合、13回より適用されます。

④投手の投球制限
投手の投球できるイニング数を制限し、2日で1試合分のイニングしか投球できないルール、連戦で1日目に9イニング以上投球した投手は翌日の登板ができない
→中学野球や国際大会で導入されているルール、投手の怪我予防のために導入されたルールです。

⑤コリジョンルールの適用
捕手は三塁ランナーのホーム進入時、ホームべースの一角を空け、走者の走路を妨げてはならない(ブロックしてはいけない)
→高校野球はもともと、捕手のブロックを認めておりません。

よって、正解は③のタイブレーク制の導入でした。
この記事について問い合わせをする
このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね!をすると最新野球情報や新商品のお知らせを受け取れます!
札幌市白石区の野球用品店「イレブン」。札幌市内で唯一のクボタスラッガー・ハタケヤマの専門店でもあり、大型店や他店ではなかなか見かけない商品も多数お取り扱いしております。
※当サイトではおすすめ商品・情報のみを掲載しております