1. イレブントップ
  2. 野球
  3. バット
  4. トレーニング
  5. シュプリームスイングトレーニングバット(SUPREME SWING)「バットを立てて振る」練習にいかがでしょうか?

シュプリームスイングトレーニングバット(SUPREME SWING)「バットを立てて振る」練習にいかがでしょうか?

シュプリームスイングトレーニングバット(SUPREME SWING)1 シュプリームスイングトレーニングバット(SUPREME SWING)2

シュプリームスイング(一般用)トレーニングバット

秋になるとよく売れるトレーニングバットです

品番
:SS85H
重さ
:2400g
長さ
:85㎝
:黒
対象野球
: 少年軟式野球 /少年硬式野球 /中学軟式野球 /中学硬式野球 /高校軟式野球 /高校硬式野球 /大学軟式野球 /大学硬式野球 /社会人軟式野球 /社会人硬式野球 /
15,000円(税別)
割引金額はお問い合わせください
割引対象商品
打者にとって「バットをどういう風に振るか?」ということは永遠のテーマだと思います。
とりあえず力任せに振ってもいい結果に結びつかないことの方が多いのは、誰しもご存知の通りです。

そこで今回紹介するのは内田販売システムさんから好評発売中のトレーニングバットシュプリームスイングです。

選べる重さは3種類

SS80: 長さ80cm・重さ1200g平均 小学生用    定価:13,200円
SS85: 長さ85cm・重さ1600g平均 中学生用    定価:14,000円
SS85H:長さ85cm・重さ2400g平均 高校生・一般用 定価:15,000円

です。

変わった形状ですが、この形状からわかることはバットを立てて振らないと身体の前の方(ミートポイント)で音が鳴らないということです。
下半身の使い方(重心移動をすることから開始しつつ)、バットを立てて振りつつ、自分のボールのミートポイントで振り抜く動作をしないとグリップエンドで「カチン」と音が鳴ってくれません。
シュプリームスイングトレーニングバット(SUPREME SWING)3

シュプリームスイングトレーニングバット(SUPREME SWING)4


野球の専門用語で「腕をたたんで」とか「肘を身体に巻き付けて」とか「インサイドアウトで」などという表現をされますが、要はインコースのボールを打つときに「効率のいい」動作でスイングができるようになるためのトレーニングバットです。
2400gもの重さがあるのも「効率のいい動作」を身に着けるための狙いで「腕で振り回す」とすぐに疲れるので、たくさん振るうちに身体でバットを振る癖がつくのだと思われます。
シュプリームスイングトレーニングバット(SUPREME SWING)5


「インコースを打つということ」よりもまず「身体の使い方が覚えられる」というのは打者として大事なことだと思います。

・バックスイングから振りだす→腕で振ろうとするとグリップが移動するのでカチンと音が鳴ります。

・下半身始動で振り始めても遠回りに振ると本来のミートポイントよりもだいぶ後ろでカチンと音が鳴ります。

・振りだしている時にヘッドが下がるとミートポイントよりも前でグリップエンドの方に移動するのでカチンと音が鳴ります。

・前の方でカチンと音を鳴らせて振れると「音」と「振り抜いた感覚」が手に伝わってきます。

カチンという音とフワッとヘッドの振り抜き感を得られたところで振ろうとすることで、自然と身体の近くをバットを立てながら重心移動し(最短距離でバットがミートポイントへ進み)スイングの力がボールに最も伝わるあたりでバットを振る感覚を身に着けるためのトレーニングバットです。

使い方としてはシュプリームスイングを10回振って、普段試合で使うバットを10回振るなど、併用して使うと感覚をつかみやすいと思います。

通常のバットの素振りも大事ですが「どういう風に」という具体的なことが思いつかないようなら「シュプリームスイング」を使ってみて、課題を見つけてあげるのも上達の道のひとつではないでしょうか?
この記事について問い合わせをする
このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね!をすると最新野球情報や新商品のお知らせを受け取れます!
札幌市白石区の野球用品店「イレブン」。札幌市内で唯一のクボタスラッガー・ハタケヤマの専門店でもあり、大型店や他店ではなかなか見かけない商品も多数お取り扱いしております。
※当サイトではおすすめ商品・情報のみを掲載しております