1. イレブントップ
  2. 修理・メンテナンス
  3. 「湯もみ風型付け」常連さんからの要望で試行錯誤の末、発見しました

「湯もみ風型付け」常連さんからの要望で試行錯誤の末、発見しました

グラブの湯もみ風型付け
【はじめに】

弊社の常連さんで前回久保田スラッガーの型付けグラブを購入してくれたお客様との店頭でのやり取りで、「湯もみ型付け」をしたような形状・柔らかさを湯もみをしないでできないもんかな?という話をしていて、湯もみをしようとしまいと「グラブに関節を作る」と呼ばれる作業はできるわけだから可能かな?と2か月ほど試行錯誤してみたところから始まりました。

【商品概要】

湯もみの通常のハンマーでたたいてポケットを付けていくなどの工程をとらないで、手もみで時間をかけてコツコツ仕上げていく型付けです。

【特徴】

・グラブの色が変色しない
写真を見ていただくとお分かりいただけると思いますが、グラブ本体をお湯に浸透させるわけでもハンマーでバンバンたたくわけではないので、本体の変色はほとんどありません。
【型付け前】
グラブ型付け前 捕球面

【型付け後】
グラブ型付け後 捕球面

【型付け前】
グラブ型付け前 表面

【型付け後】
グラブ型付け後 表面


・今回使用したのは専用のオイルとクレラップの2種類のみです。
クレラップ


【こんな選手向け】

・湯もみ型付けが好きではないが、グラブを購入してすぐに使いたい選手
・マメにお手入れをすることが苦手な選手
・湯もみ型付けをする人の加減にもよりますが、柔らかすぎるグラブを好まない人

【気を付けてほしい所】

・忙しい時期にはお断りすることもあると思いますが、お話しをしているうちに店長の気まぐれでお受けするかもしれません。
・他店で購入の持ち込みグラブやグラブの程度によってはお受けできません。
・キャッチャーミットは非常に時間がかかってしまうので、お受けできません。

【ここがポイント】

・湯もみ風ですので、「湯もみ型付けのような感じ」は期待しないで下さい。
・湯もみじゃないので乾かす工程はないのですが、じっくりとなじませる
 ので1週間とお時間がかかります。

【まとめ】

もともとイレブンでお受けしていた手でもんでグラブを柔らかくしていく工程と、弊社社長の意向で、湯もみ型付けの講習を受けたにもかかわらず湯もみ型付けはできるだけしないようにという弊社の方針が生んだ偶然の型付けです。クレラップを使ったひと手間が結果として湯もみ風になった偶然の産物です。

型付け代は現在検討中です。
この記事について問い合わせをする
このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね!をすると最新野球情報や新商品のお知らせを受け取れます!
札幌市白石区の野球用品店「イレブン」。札幌市内で唯一のクボタスラッガー・ハタケヤマの専門店でもあり、大型店や他店ではなかなか見かけない商品も多数お取り扱いしております。
※当サイトではおすすめ商品・情報のみを掲載しております
野球 トレーニング コラム キャンペーン ニュース ソフトボール サッカー ショップ イレブン杯 修理・メンテナンス マーク加工