1. イレブントップ
  2. 修理・メンテナンス
  3. 投手用グラブの「革ひも」や「ヘリ革」の色の制限がなくなります!2018年度よりアマチュア野球のルールが一部変更

投手用グラブの「革ひも」や「ヘリ革」の色の制限がなくなります!2018年度よりアマチュア野球のルールが一部変更

現在お使いの投手用グラブのヘリ革、本体と違うカラーへヘリ革の張り替え交換できます。

注:現在各メーカーに確認中、いまのところミズノ・ハタケヤマ・久保田スラッガー・ハイゴールド・ゼットのグラブのみ交換受け付けてます。

メーカー
対象野球
: 大学軟式野球 /大学硬式野球 /社会人軟式野球 /社会人硬式野球 /
ポジション
15,000円(税込)
【はじめに】

 昨年からプロの投手たちがグラブの本体の色とは違う革ひもやヘリ革を取り入れ始めました。
そして2018年度よりアマチュア野球界(大学・社会人)のルールも規制緩和され、これまでの投手グラブは白・灰色以外の色で同色というものから、革ひもやヘリ革の色に関しては制限をしないというルールに改正されました。

【商品概要】

各メーカーに問い合わせたところ

・ミズノ     :15,000円(税込み)/約1か月
・ハタケヤマ   :12,000円(税込み)/約1か月
・久保田スラッガー:12,000円(税込み)/約50日
・SSK       :15000円から~20000円くらい/1ヶ月
・ウイルソン   :現在確認中
・アシックス   :可能だが、グラブの状況に応じて見積もり
・ハイゴールド  :15,000円くらい/約1か月
・IPセレクト   :未確認
・ドナイヤ    :未確認

※ゼットは、グラブをみてその都度見積もりますとのことでした。
※グラブの傷み具合によってはヘリ革の交換をお断りする場合があります。


【特徴】

これまで、オーダーメイドのグラブであってもグラブのすべてのパーツを同色で統一しなければならなかった投手用のグラブに「遊び心」を織り交ぜることが可能になりました。

【こんな選手向け】

・投手グラブを買ったばかりで買い換えるにはもったいない人
・派手なグラブが好きな人

【気を付けてほしい所】

・プレーではなく、グラブで目立ってしまう可能性がありますのでご注意下さい
・ヘリ革交換は現在込み合ったまして少々お時間を頂いております(1か月くらい)

【ここがポイント】

投手にとっては待望のルール変更だった思います。
今(3月22日)であれば、大学のリーグ戦や都市対抗予選に間に合います。
晴れの舞台でリニューアルしたグラブを手にマウンドへ上がってみてはいかがでしょうか?


【まとめ】

なぜ?今までダメだったのかわからない部分もあった「投手用グラブはすべての部分で同色とする」というカラーの規制。
白色・灰色以外の色であれば「グラブのカラーリングの多色使用を認める」という解禁に伴い、現在ご使用中のグラブのヘリ革を15,000円(税込)くらいでお好みのお色に交換します。

同時にグラブの革ひもの交換も致しますので、カラーを変えるのなら「ヘリ革」と「革ひも」の両方をいっぺんに交換されることをおススメいたします。
この記事について問い合わせをする
このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね!をすると最新野球情報や新商品のお知らせを受け取れます!
札幌市白石区の野球用品店「イレブン」。札幌市内で唯一のクボタスラッガー・ハタケヤマの専門店でもあり、大型店や他店ではなかなか見かけない商品も多数お取り扱いしております。
※当サイトではおすすめ商品・情報のみを掲載しております
野球 トレーニング コラム キャンペーン ニュース ソフトボール サッカー ショップ イレブン杯 修理・メンテナンス マーク加工