1. イレブントップ
  2. 野球
  3. アフターケア・お手入れ
  4. キャッチャープロテクターの修理(バンドのへたりやバックルの破損)

キャッチャープロテクターの修理(バンドのへたりやバックルの破損)

キャッチャープロテクターの背面バンドの交換

キャッチャープロテクターの背面バンドの交換

メーカー
ZETT
品番
:BLPB2
:ブラックorネイビー
対象野球
: 少年軟式野球 /少年硬式野球 /中学軟式野球 /中学硬式野球 /高校軟式野球 /高校硬式野球 /
ポジション
3,600円(税込)
古くなったキャッチャープロテクターの修理もやっております。
バンドと本体を鉸めているボタンを外すのに手間がかかるので、個人で交換するには上手くできないため、表面はまだまだ使えるのにとお嘆きの方も多いと思います。
イレブンでは、そのバンドのへたりやバックルの破損くらいのことであれば修理することが可能です。
修理のパーツさえあえば交換することは可能です。
買い替えを検討する前に、修理できないか一度お見せいただければ幸いかと思います。

【キャッチャープロテクターバンドのへたり修理前】
キャッチャープロテクターバンドのへたり修理前

【キャッチャープロテクターバックルの破損修理前】
キャッチャープロテクターバックルの破損修理前

【キャッチャープロテクター修理後】
キャッチャープロテクターバンドのへたり修理後

ここがポイント

・硬式のキャッチャープロテクターの相場はグレードの高いもので30,000円を超えてきます。
消耗品ではあるものの30,000円のものを定期的に購入するのは出費としては大きいのではないでしょうか?
軟式のプロテクターも硬式に比べれば安いとはいえ、10,000円以上のお値段がかかります。
バンドやバックルの交換だけであれば3,600円で修理することが可能で、経済的にもお財布にやさしいお値段だと思います。

・バンドのへたりやバックルの交換に限らず、日々使うキャッチャー防具は使用した後にしっかりと汚れを落として保管してあげれば、手入れを一切しないときとは比べ物にならないくらい長持ちするものです。
また、毎日用具のことを気にしていれば、痛みが軽度のうちに気が付きますので、修理できるうちに対応ができます。

野球選手として大事な心構えであると私は思っておりますが、「自分の使う用具を大事にする」ことの重要性を感じていただけることと思います。

買い換えようかな?と思う前に「直るかな」と考えた時に、イレブンで修理をしていることも心にとめといていただけると幸いです。

なお、パーツの規格が合わないこと、修理用のパーツの生産が終わっており、修理できない場合もございますのでご了承くださいませ。
この記事について問い合わせをする
このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね!をすると最新野球情報や新商品のお知らせを受け取れます!
札幌市白石区の野球用品店「イレブン」。札幌市内で唯一のクボタスラッガー・ハタケヤマの専門店でもあり、大型店や他店ではなかなか見かけない商品も多数お取り扱いしております。
※当サイトではおすすめ商品・情報のみを掲載しております
野球 トレーニング コラム キャンペーン ニュース ソフトボール サッカー ショップ イレブン杯 修理・メンテナンス マーク加工