1. イレブントップ
  2. 修理・メンテナンス
  3. グラブの縫い修理の工程

グラブの縫い修理の工程

グラブの縫い修理、破れた部分

グラブの縫い修理

3,300円(税込)
グラブの縫い修理の工程についてご説明いたします。

お預かりしたのはミズノプロの硬式用のグラブです。
親指のところが破けてきておりますのでこの部分を修理したいと思います。
グラブの縫い修理、破れたグラブ捕球面
グラブの縫い修理、破れたグラブ表
グラブの縫い修理、破れた部分

まずはグラブの革ひもをほどき、中の心材を抜いてミシンで縫う準備をします。
グラブの縫い修理、心材を抜く

オレンジのグラブを縫うので、あて革はオレンジ色の革を用意します。
グラブの縫い修理、オレンジ色のあて革表
グラブの縫い修理、オレンジ色のあて革裏

縫い糸はケブラー糸という、硬式ボールの練習球でも使用される耐久性のある糸を使用します。
グラブの縫い修理、縫い糸はケブラー糸

グラブの裏側に革をあて、ケブラー糸でミシンをかけて修理していきます。
グラブの親指部分の縫い修理を終えると、グラブの紐を通しなおしてグラブを組み立てますが、その前にグラブ捕球面を確認するとアタッチメントグリスが経年劣化しスカスカでした。
グラブの縫い修理、アタッチメントグリスが経年劣化

捕球面に補充してあげて、捕球面と手入れ部分の革を接地してあげます。
グラブの縫い修理、アタッチメントグリス補給

縫い修理とグラブ内部のアタッチメントグリスの補充が完了したのでグラブを元の状態に戻します。
グラブの縫い修理、グラブを元の状態に戻す(表)
グラブの縫い修理、グラブを元の状態に戻す(補給面)

最終仕上げに入ります。
グラブオイルを少々塗りすぎのようです。
塗りすぎると見栄えはもちろん、グラブ自体も重く感じてしまいますのでこれを落としてきれいにしていきたいと思います。
今回使用するのは、ミズノプロのクレンジングローション 2ZG803(1200円+税)
グラブの縫い修理、ミズノプロのクレンジングローション 2ZG803(表)
グラブの縫い修理、ミズノプロのクレンジングローション 2ZG803(裏)

ミズノプロのグラブにはミズノプロのレザーローションをということと、年季の入ったグラブなので、グラブ本体の色落ちのしにくいものをセレクトしました。
仕上げ時に使用するローションやオイルはお客様からの指定OKですので、よさそうだなと思うけど、お値段がなかなかするものは手を出しにくいものと思います。
自分で普段使用するオイルやローションなど買うかどうか検討中のものは、弊社での仕上げ具合をみて「いいもの」だと思っていただいてから購入するのも選択肢の一つだと思います。

全体的に汚れを落としてあげて、作業終了です。
黒いオイル汚れを落としてあげると、縫い込みに使用したオレンジの当て革の色に近いオレンジの色がよみがえりました。
グラブの縫い修理、汚れを落としてあげて、作業終了

工賃の明細です。
縫い修理箇所1か所:3000円
グラブ仕上げ:300円
3300円(税込)となります。
グラブの縫い修理、明細書
この記事について問い合わせをする
このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね!をすると最新野球情報や新商品のお知らせを受け取れます!
札幌市白石区の野球用品店「イレブン」。札幌市内で唯一のクボタスラッガー・ハタケヤマの専門店でもあり、大型店や他店ではなかなか見かけない商品も多数お取り扱いしております。
※当サイトではおすすめ商品・情報のみを掲載しております