1. イレブントップ
  2. 野球
  3. グラブ
  4. 内野手用
  5. 【久保田スラッガー】内野オールポジション硬式野球用グラブ。「ファイターズ中島卓也選手」グラブのベースモデル

【久保田スラッガー】内野オールポジション硬式野球用グラブ。「ファイターズ中島卓也選手」グラブのベースモデル

【久保田スラッガー】内野オールポジション硬式野球用グラブ。「ファイターズ中島卓也選手」グラブのベースモデル1 【久保田スラッガー】内野オールポジション硬式野球用グラブ。「ファイターズ中島卓也選手」グラブのベースモデル2
【久保田スラッガー】内野オールポジション硬式野球用グラブ。「ファイターズ中島卓也選手」グラブのベースモデル3 【久保田スラッガー】内野オールポジション硬式野球用グラブ。「ファイターズ中島卓也選手」グラブのベースモデル4
メーカー
品番
:KSG-L7S
重さ
:545g
:ブラック
対象野球
: 高校硬式野球 /
ポジション
45,000円(税別)
割引金額はお問い合わせください
割引対象商品
ヒットにしにくいボールをファールにする技術に長け、送りバント数の球団記録を更新するなど、ホームランを打てなくても、高打率を稼がなくても、チームに貢献するプレイがいかに野球において大切なことであるかを体現してくれた、中島卓也選手使用モデルのグラブです。

久保田運動具店さんに確認したところ、本人仕様はL7Sをベースにし、実際の大きさはL7Sをちょっと小さくしたタイプで、「L7Sの小さめ」≠「MS1のポケットを深くしたもの」を好んで仕様しているそうです。

遊撃手の中では肩が特別強いわけではない選手ですから、ボールをとってからスローイングに移行する時間を短くする工夫俗にいう「とってから早く投げる」ためにL7Sよりも浅めのポケットを選択されたのかもしれませんね。

ここがポイント
①久保田スラッガーが誇るベストセラー型であるL7S、長年にわたりたくさんの選手に使用されている理由のひとつに「ちょうどいい大きさ」というのがあります。
昨今はやりのショート・セカンド用グラブの大きさ比べると大き目ですが、軽量が売りのクボタスラッガーグラブなので、多少大きくても操作性が気にならずショート・セカンドとサード用、内野手オールポジションとして融通がきくようです。
チームの都合で内野であればどこでも守るユーティリティープレイヤー向けのグラブです。

②久保田スラッガーのグラブ全体的に言えることですが、自分で加工しやすいグラブであることがあげられます。
すあげ調のグラブですから、スチームをかけたり湯もみをしたりすることで自分の形を素早く作りやすいし、大掛かりなことしなくてもこつこつオイルを塗りながら自宅でグラブのポケットにボールをばんばんぶつけても他社のグラブよりは仕上がりが早く出来上がるのが特徴です。
この記事について問い合わせをする
このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね!をすると最新野球情報や新商品のお知らせを受け取れます!
札幌市白石区の野球用品店「イレブン」。札幌市内で唯一のクボタスラッガー・ハタケヤマの専門店でもあり、大型店や他店ではなかなか見かけない商品も多数お取り扱いしております。
※当サイトではおすすめ商品・情報のみを掲載しております